【日本車シェア急落】タイ自動車市場で躍進する中国メーカーへの勝ち筋とは?

日本自動車メーカーが圧倒的なシェアを誇ってきたASEAN市場。その中でもタイは生産/販売の中心として長い間日本メーカーが幅を利かせてきました。しかし、中国メーカーの進出によりその牙城は崩れつつあります。現在のタイ市場の最新レポートを紹介しながら。中国メーカーが躍進している理由と今後の動向、日本メーカーの戦略について解説します。
カッパッパ 2024.03.09
サポートメンバー限定

日本自動車メーカーが圧倒的なシェアを持ち、収益を生み出してきたASEAN市場。ただ、2023年に入り、中国メーカーが一気に進出。日本車のシェアは減少し、競争は激化。万全であった牙城は崩れつつあります。その傾向が特に表れているのが、これまでASEANの生産/販売の中心として機能してきたタイ市場です。現在タイ市場はどのような状況にあるのか、中国メーカーはどれほど売れているのか/躍進の理由、今後の見通し、日本自動車メーカーの戦略について詳細に最新情報で解説します。

「アジアのデトロイト」タイ自動車市場のイマ

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、6152文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析
誰でも
【21万台リコール/生産停止】トヨタ看板車種「プリウス」で何が起きてい...
サポートメンバー限定
【チートすぎる低価格】躍進凄まじい中国BEVが激安な3つの理由
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!4/15
サポートメンバー限定
【日産新中計】『仲間』と共につくり上げるEV巻き返し戦略
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!4/8
サポートメンバー限定
【日産新中計】全方位で+100万、弧を描く成長は実現できるのか
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!4/1
サポートメンバー限定
【データでがっつり検証】『EVシフトが失速している』は果たして真実か?...