5分でわかるクルマニュース_モビイマ!

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。
カッパッパ 2022.03.07
読者限定

ご安全に!

月曜の朝は「モビイマ!」から。

先週のクルマニュース/トピックスをカッパッパが厳選。コメント付きで解説。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。

***

先週に引き続き、モビイマ!購読者の方にお願いがあります。ニュースレターをよりよくしていくために皆さんのご意見を教えてください。

みなさんが読みたい記事、カッパへのダメ出し、下記リンクからアンケートにお答えいただければ…2分ほどで終わりますので、ご記入いただけると大変うれしいです。

ご協力お願いします!

***

【就活/仕事に役立つかもしれないクルマクイズ!】

自動車メーカーは創業時、違う事業からスタートしている場合が多いのは有名な話。トヨタの創業は織機事業でした。では創業時、トヨタと同じく、織機事業を手掛けていたのは次のうちどのメーカーでしょう。

ここに配置されたボタンは、ニュースレター上でのみ押すことができます。

答えはニュースレター一番下にて!

選ばれたのはホンダでした

世界的にEV=電気自動車の開発競争が激しくなる中、ソニーグループとホンダは、EVの開発や販売で提携すると発表しました。年内に両社で新会社を設立し、2025年に電気自動車の最初のモデルの販売開始を目指すとしています。

電気自動車「VISION-S」を試作車として発表していたソニー、ホンダと組んで自動車産業に本格参入へ。日本の大企業がタッグを組んでEV参入という熱い展開。

ソニーは車載部品の知見を得るために試作車を作ったのではないかと言われていましたが、実際に車を量産、事業として参入。設備は保有せずに、ホンダに製造を委託。ファブレス、工場を持たずに車両の企画、設計、開発でのビジネスモデルで自動車産業に臨みます。

CASEの技術革新が進む中で、ソニーの保有する「イメージング・センシング、通信、ネットワーク、各種エンタテインメント技術」をクルマに活用し、ホンダの製造技術と組み合わせることで魅力的な車両が提供されていくことでしょう。

ソニーとしてはこの知見を基に他のメーカーへの部品やソフトウェアの売り込みも可能になり、完成車だけでない事業展開も今回の発表の背景にはありそうです。

また試作車の「VISION-S」はマグナ・シュタイア製。設計機密保持の観点から考えて、VISION-Sはマグナ・シュタイアでしか生産が出来ないため、ホンダとは1から車両開発が進められていく、もしくは現在ホンダで開発中の車種にソニー仕様を追加といった形になる可能性が高いでしょう。また利益を上げることを考えると、高級セグメントでの少量での販売となるではと予想します。

2025年発売、3年間は新車開発としては非常に短期間。果たしてどんなクルマが出てくるのか。これまでになかった動き、ホンダXソニーと日本を代表とする2大タッグの連携、本当に楽しみです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2780文字あります。
  • 流石に言い訳できない
  • これから茨の道
  • 戦争はマイナスしか生まない
  • 【今週の一言】

すでに登録された方はこちら

提携媒体・コラボ実績

サポートメンバー限定
【もはや『確トラ』?】4つの切り口で見えてくる大統領選がもたらすアメリ...
サポートメンバー限定
【これだけ読めば大丈夫!】トヨタ/日産/ホンダ BEV戦略 総まとめ
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!7/8
サポートメンバー限定
【テスラ/中国企業も熱視線】自動車メーカーでメキシコが今『熱い』4つの...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
サポートメンバー限定
【EV普及のカギ!】儲からない??充電事業、ビジネスとして成り立つのか...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!6/24
サポートメンバー限定
【運転が不要な時代に?】ロボタクシーがもつ多大なポテンシャルと抱える多...