【売れば売るほど赤字】Ford、Rivianから見えてくる『EV儲からない問題』

これまで加速し続けてきたEVシフトの減速が鮮明になっています。欧州の2035年内燃機関車廃止撤回から徐々に風向きが変わりはじめ、2023年後半以降、中国や東南アジアを除いて成長率は低下。主に欧州、北米で成長が鈍化しています。自動車メーカーでもEVでの業績は現状赤字。その現状をFord、Rivianの決算内容から解説します。
カッパッパ 2024.03.24
サポートメンバー限定

これまで加速し続けてきたEVシフトの減速が鮮明になっています。欧州の2035年内燃機関車廃止撤回から徐々に風向きが変わりはじめ、2023年後半以降、中国や東南アジアを除いて成長率は低下。主に欧州、北米で成長が鈍化しています。自動車メーカーでもEVでの業績は現状赤字。その現状をFord、Rivianの決算内容から解説します。

Ford 絶好調ガソリン車で支えられるEV事業

アメリカ、ビッグスリーの一角。自動車産業を大きく変えた「T型フォード」に始まり、長年に渡り、アメリカ車種別販売TOPを走るピックアップトラック「F-150 」を有する自動車メーカーの名門、Ford。バイデン政権での環境保護重視政策、EVへの支援もあり、迫りくるEVシフトへむけ、大きく舵を切ったものの、現状のEV事業は非常に厳しい状況となっています。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4997文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析
誰でも
【21万台リコール/生産停止】トヨタ看板車種「プリウス」で何が起きてい...
サポートメンバー限定
【チートすぎる低価格】躍進凄まじい中国BEVが激安な3つの理由
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!4/15
サポートメンバー限定
【日産新中計】『仲間』と共につくり上げるEV巻き返し戦略
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!4/8
サポートメンバー限定
【日産新中計】全方位で+100万、弧を描く成長は実現できるのか
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!4/1
サポートメンバー限定
【データでがっつり検証】『EVシフトが失速している』は果たして真実か?...