【徹底解説:自動車メーカー決算 マツダ】チェックマークに込められた思い

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。「各自動車メーカーの22年4-12月期決算」解説、今回はマツダ。北米を主力市場と位置づけ、これからラージ戦略を展開するマツダ。今期決算そして展望やいかに。
カッパッパ 2023.02.20
読者限定

ご安全に。

体重の増加が気になって、なるべく階段を使うようにしているカッパッパです。6階はちょっとしんどい。

中期経営計画としてブランド力向上を掲げ、魂動デザインやスカイアクティブエンジンなど商品力の高いクルマを市場に投入、そしてついに待望のラージ製品群を販売開始したマツダ。CX-60に続いてCX-90も発表。果たしてブランド戦略は上手くいっているのか。今回の決算説明資料ではこれまでと違って、注目すべきポイントにチェックマークが追加。それぞれのスライドで言いたいことを読み取りながら、どこより詳しく解説します。

1.4-12月、増収増益!(チェックマーク付き)

マツダは2月10日、2023年3月期 第3四半期(2022年4月1日~12月31日)の決算内容を発表した。
 2023年3月期 第3四半期累計の売上高は2兆6962億5500万円(前年同期比24.7%増)、営業利益は1094億6400万円(同71.9%増)、経常利益は1353億8600万円(同127.3%増)、当期純利益は1035億7100万円(同252.0%増)となった。グローバル販売台数は79万5000台(同13万5000台減)で、連結出荷台数は73万7000台(同5万台増)。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1477728.html

2022年4-12月期は売上高、2兆6963億円、営業利益1095億円と増収増益。22年4-6月期では赤字を計上し、▲3.2%だった営業利益率は9-12月期では5.1%と改善。営業利益率は4-12月期トータルで4.1%、前年同期比+1.2ポイントの好業績になりました。

生産台数は前年同期比+6.8万台の80.9万台。22年は4-5月での上海ロックダウンに起因する部品不足により生産を落としましたが、6月以降は生産挽回。

ただし地域別にみると、前年比で大きな差が。落ち込みが一番大きいのは中国▲45%、続いて欧州▲26%、北米▲13%。

「確かに中国市場では今期の販売目標で下方修正を続けております。期初から上海のロックダウン以降、非常にモメンタムが落ちておりまして、需要の動向としては、総需要では昨年並みになっているのですが、中身の部分で内燃機関の車両が減少し、『新エネルギー車』と呼ばれているEVやプラグインハイブリッド、レンジエクステンダーモデルなどの需要が対前年比で7割ほどと急上昇しており、急激に電動化シフトが起きている状況です」
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1477728.html

中国では内燃機関車中心のマツダは苦戦していることが明確に。モデル末期ということもあり、販売不振。新車種の投入も噂されているので何とか23年に入ってからは挽回したいところ。

北米は販売台数が最も多く、高価格/利益の販売が多いマツダの主要市場。前年比ではマイナスになっているものの、直近の10-12月期ではフリートを除いた販売台数が過去最高を記録と好調。アラバマ新工場も稼働しているだけに北米でどれだけ売り上げられるかが、業績のカギ。

営業利益の増減要因を見ると、出荷台数減、構成変化により1016億円のプラス。原材料高騰▲1500億円がありながらもコスト改善約+400億円、為替差で+1119億円でほぼ相殺。ただし固定費が▲453億円増加。直近ラージ商品群を出した分の償却費が増えており、今後足を引っ張らないかが少し心配…トータルでは約500億円のプラスに。

4-5月の落ち込み幅が著しく出荷ができなかったために4-6月期は赤字でしたが、6月以降の生産は回復し、今回増収増益に。特に10-12月期は生産台数30万台を超え、回復基調。全体としてまとめると特に10-12月期は生産、販売が回復して好調な決算内容になっています。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1283文字あります。
  • 2.通期見通しも上方修正!
  • 3.やっぱり北米頼み

すでに登録された方はこちら

誰でも
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
サポートメンバー限定
【60秒でわかる解説付】EV失速の今こそ!足場固めを進める24年日本自...
誰でも
【自動車業界、最大の危機?】トヨタですら手を染めた『型式認証不正』が明...
サポートメンバー限定
【60秒でわかる解説付】戦略が見事にはまった!あまりにも『できすぎ』な...
サポートメンバー限定
【ホンダ 23年度決算解説】初の20兆円超えで準備する電動化への原資
サポートメンバー限定
【スズキ 23年度度決算解説】『御三家』→『四天王』に?日本メーカーT...
サポートメンバー限定
【SUBARU23年度決算解説】トヨタ共に成長する100万台中堅メーカ...
サポートメンバー限定
【マツダ 23年度決算解説】過去最高を更新するために問われる「ラージ」...