【時価総額はトヨタの4倍!】テスラ、圧倒的成長を支える“6つの理由”_前編_モビイマVol.43

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!第43号。時価総額で自動車メーカー断トツTOP、時価総額はトヨタの4倍のテスラ。なぜここまで成長し、株価が伸ばすことができたのか。業界の中目線でその”6つの理由”を解説します。今回は前編としてテスラが作る「クルマ」の”すごさ”を説明します。
カッパッパ
2021.12.04
有料限定

ご安全に!

2021年は自動車業界にとって苦境の1年。部品供給問題により、生産したくても生産できず、販売台数、売上を伸ばすことが出来ない苦しい時期が続きました。そんな中、前年比大幅増を成し遂げたのがテスラ。生産台数は減ることなく、増える一方。そして株価もうなぎ上り、昨年時価総額でトヨタを抜くと、あっという間にトヨタの4倍近くになりました。

直近の決算は実に好調で、21年7-9月期の営業利益率は14.6%と自動車メーカーとして類を見ないほど高くなっています。かつては赤字から抜け出せなくなっていた時期がありましたが、現段階では黒字がどこまで伸びるのかのフェーズに。

いやいや、本当にテスラはすごい

「モビイマ!」では今回から3回に分けてテスラを徹底分析します!

最初2回は「なぜテスラはここまで伸びたのか。」その理由を自動車業界の中の人視点で徹底分析。結果見えてきたのは『6つの理由』。前編となる今回は、テスラが作る「クルマ」の”すごさ”について解説します。テスラが持つ「自動車メーカー」として強みとは。

そして、次回は「企業としてのテスラの”すごさ”」3回目は「今後テスラに立ちはだかる壁」について解説。

この3週の記事を読めば自動車業界の台風の目であるテスラがばっちり理解できる。自動車業界の人だけでなく、投資先として「テスラ」を持っているor考えている人、必見です。ここでしか読めない情報を含んだ、どこよりも詳しいテスラ分析、早速スタートです。

1.モビコラム

モビコラムでは、カッパッパが自動車業界最新トレンドを独自の視点と切り口で語るコラムです。かなり力を入れた内容で仕事/投資に役立つこと間違いなし!

***

直近の決算でみるテスラのすごさ

まずはテスラがどれほど成功しているのか直近の決算から見ていきましょう。

決算のまとめ
決算のまとめ

2021年7~9月の総売上高は137億5700万ドルで過去最高を更新。前年同期比では+57%。営業利益は20億400万ドルで、前年同期比は+148%の大幅増。前期4~6月の13億1200万ドルと比べても+52%増と著しい伸びを見せています。

他の自動車メーカーが半導体不足で苦しみ、生産、販売を伸ばせない中でテスラのこの成長は群を抜いています。

自動車部門の詳細
自動車部門の詳細

しかもすごいのはこの利益の大半を自動車、EVの販売で成し遂げている点です。自動車部門売上高は120億5700万ドル。利益は3億6730万ドルで営業利益率は14.6%と高水準。これは業績の極めて好調だったトヨタの12.6%よりも高く、自動車メーカーでは考えられない高い数値です。

自動車業界ではこれまでに見たこともない業績、決算内容。なぜテスラはここまで好業績を叩き出せるようになったのか。その理由を探っていきましょう。

テスラの強み①:ソフトウェア重視の車両設計

前編となる今回は、テスラが製造する「クルマ」の観点から3点の”強み”を解説します。

既存の自動車製造では考えられない設計や製造。テスラの作り出すクルマは「オンリーワン」の価値を持ち、多くの熱狂的なファンを生み、そして販売に繋がっています。

テスラのクルマで1番特徴的なのは「ハードウェアではなく、ソフトウェア志向の車両設計」です。従来の自動車はエンジンやボディといったハードありき。ソフトウェアはあくまでもハードをコントロールするための1部品であり、ハードの発達が自動車の性能を上げ、ハードを主体とした設計が行われてきました。

テスラは自動車の設計段階で「ソフトウェア」を重視。その思想が如実に表れているのが「統合ECU」です。「ボディー・コントローラー(BC)」と呼ぶ基板群で車両に散らばるECU(電子制御ユニット)を集中させた部品。↓の図を見ると大変よくわかるのですが、既存の自動車ではECUと各機能でセットで搭載し制御しているのに対し、テスラは統合されたECUで自動車全体を管理。

https://www.notion.so/ECU-xTECH-c539e66f1afd4a858be571f42655c6c9#35bde79d8bc5440d974bd85a2169a490
https://www.notion.so/ECU-xTECH-c539e66f1afd4a858be571f42655c6c9#35bde79d8bc5440d974bd85a2169a490

ソフトウェアファーストの車両設計の思想がなければ、ここまで大胆なECU配置はまずできない。既存のしがらみにとらわれない、テスラだからこそできる車両設計。この統合ECUにより車内のECU・ハーネスの数/リレー・ヒューズを大幅に削減。また自動車のソフトウェアをupdateするOTAにも対応が容易になります。

統合ECUは様々なメリットがある一方で開発/変更への負担が大きいため、人材、お金などの多量のリソースが必要です。テスラのすごさは従来のやり方、ハードウェア重視にとらわれず、会社全体として取り組み、やり遂げたことにあります。

テスラ モデル3の内装
テスラ モデル3の内装

ソフトウェア重視のクルマ作りは統合ECUだけでなく、車内の設備にも反映されています。テスラの車内はほとんど物理ボタンはなく、操作はタッチパネル。物理ボタンはその機能を更新することはできませんが、タッチパネルなら、システムの更新で新たな機能を追加、拡充が可能です。また、オプションの加速機能のアップグレードやシートヒーター機能は課金することで実装されます。既存の自動車メーカーにはないとことんソフトウェアを重視したクルマ作りは斬新なUXを消費者に提供し、熱狂的なファンがつく一要因にもなっています。

ここから先は有料購読者限定公開です

下記からメールアドレスを入力し、有料購読することで読むことができます

すでに購読された方はこちら

ログインする
5分でわかるクルマニュース
自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば...
読者限定
【中の人がガチでやる業界研究_自動車部品メーカー2022年版】(全体動...
一昨年、昨年と大変ご好評いただき、累計500部以上購入いただいた「中の人がガチでやるどこより詳しい自動車業界研究」、今回...
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば...
読者限定
2022年、ココに注目!自動車業界②
自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。今回は先週に引き続き、「2022年の自動車業界注目ポイ...
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば...
誰でも
ソニーがEV事業へ参入!自動車業界への影響は?
自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!今回は号外版として、ソニーEV事業へ参入のニュースについ...
読者限定
2022年、ココに注目!自動車業界!
自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。今回は「2022年の自動車業界注目ポイント」を解説しま...
有料限定
2021年波乱万丈の自動車業界振り返り
今回の記事でカッパッパのMonoist連載「今さら聞けない自動車用語」の2021年振り返り記事を紹介します。波乱万丈の2...
誰でも