【自動車メーカー決算解説 トヨタ】原材料高騰1.7兆円の衝撃 『仕入先想い』の決算発表

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。今週からは「各自動車メーカーの22年4-6月期決算」を解説します。今回はみなさんお待ちかねのトヨタ。「意思のある踊り場」として減産傾向、原材料高騰もあり、生産、原価上昇に苦しむ一方、想定レート115円に対して大幅な円安は大きなプラス効果。果たして、業績はいかなるものになっているのか。どこより詳しく解説します。
カッパッパ 2022.08.08
有料限定

ご安全に!

寝苦しい夜。冷房は26度設定、冷え性の嫁さんと揉めがち、カッパッパです。

昨年では世界TOPの販売台数を誇り、営業利益率も非常に高い、独り勝ち、世界一に自動車メーカーといえる業績のトヨタ。その業績は自動車業界のみならず、日本経済全体にも影響し、今後を占う重要な指標になっています。ただ今年に入っては「意思のある踊り場」として減産、原材料高騰もあり、不安要素はてんこ盛り。ただ一方で円安の追い風を背景に業績はどこまで伸びるのか。そして、決算発表の中身はかつてないほど「仕入先」との関係を重視したものでした。

この記事は有料読者限定です

続きは、3498文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析

近日配信予定

  • 毎週月曜朝に「5分でわかるクルマニュース」
  • 各自動車メーカー10-12月決算分析
  • どこより詳しい自動車メーカー企業研究
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!9/26
誰でも
【22年上期振り返り①】加速するEVシフトと分かれた明暗
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!9/19
誰でも
【テスラの強み、ここに有り!】ギガプレスがクルマの製造を変える
有料限定
【TURING 山本CEOインタビュー④】AI、そしてTURINGが世...
誰でも
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!9/12
読者限定
【TURING 山本CEOインタビュー➂】ソフトウェアとハードウェアを...
有料限定
【TURING 山本CEOインタビュー②】「素敵な勘違い」が自動車業界...
有料限定