【Turing 車両開発 山口氏インタビュー③】
ソフトウェアとハードウェアを仲良く

「We overtake Tesla」を掲げ、2025年に100台、2030年に1万台の自動運転電気自動車発売する計画を掲げる今日本で一番熱いEVベンチャーTuring。今回はTuringの中で車輌開発を担当されている山口さんにモビイマ!が独占インタビュー。第3弾ではTuringでの車輌開発の在り方に詳しくお聞きしました。
カッパッパ 2023.12.06
読者限定

大好評、Turing、車輌開発チーム山口さんへのインタビュー。第三回目となる今回は、「ソフトウェアとハードウェアを仲良く」。

ソフトウェアの開発に注目が集まっているTuring。ただ電気自動車の量産のためにはハードウェア側の開発も欠かすことはできません。一体どんな開発プロセスで進められているのかをお聞きしました。ソフトウェアとハードウェアの「ムダのない開発」を実現するには何が必要なのか?

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4873文字あります。
  • 30年1万台「量産」への道のりとSCM戦略
  • ソフトウェアとハードウェアを仲良く
  • 「NOでなければGO」

すでに登録された方はこちら

読者限定
【マツダ 23年第3四半期決算解説】過去最高の今から仕込む「マツダ」ら...
サポートメンバー限定
【SUBARU23年第3四半期決算解説】北米一本足が抱える2026年問題
サポートメンバー限定
【ホンダ 23年第3四半期決算解説】過去最高を更新するイマだからこそ進...
サポートメンバー限定
【日産23年第3四半期決算解説】好調の陰にある「想定」よりも落ち込んだ理由
サポートメンバー限定
【スズキ 23年第3四半期_決算解説】日本メーカー随一のポテンシャル!...
読者限定
【トヨタ23年第3四半期期決算解説】圧倒的王者であり続けるための『足場...
サポートメンバー限定
【売れる秘訣はカラオケ??】あなたの知らない中国自動車の世界
サポートメンバー限定
【三菱自動車23年第3四半期決算解説】稼ぎ頭は東南アジアから北米へ