5分でわかるクルマニュース_モビイマ!5/16

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。
カッパッパ 2022.05.16
読者限定

ご安全に!

子どもが「そんなの関係ねえ」と一発ギャグを披露し始めました。TV、YouTubeでの芸人の影響力をひしひしと感じているカッパッパです。

月曜の朝は「モビイマ!」の5分でわかるクルマニュースから。

先週のニュース/トピックスをカッパッパが厳選。コメント付きで解説。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。

***

【就活/仕事に役立つかもしれないクルマクイズ!】

先週次々と発表された自動車各メーカー決算。その中で日本にEV専用工場を新設(国内メーカーでは初)すると公表したメーカーは次のうちどれ?

ここに配置されたボタンは、ニュースレター上でのみ押すことができます。

答えはニュースレター一番下にて!

ブンシャカ!ブンシャカ!

フランスの自動車メーカー、ルノーは12日、電気自動車(EV)事業と内燃機関事業を分離する計画の概要を示し、来年までに実現する可能性があると明らかにした。  
発表文によると、ルノーは2つの事業体を創設する計画。EVとソフトウエアに特化する事業体はフランスが拠点となり、2023年までに約1万人を雇用する。同社はこの計画について2月に初めて言及したが、具体的な内容を示すのは今回が初めて。この事業体は「EVの特異性に適したビジネスモデルを採用し、新たな技術・サービスでパートナーシップを組めるだろう」と説明した。

ルノー、EV事業の分社化を検討。分離し、上場できれば資金が確保できる、採算性の不透明感(おそらく悪い)EV事業を内燃機関車事業と分離できる、EV企業は業績が悪くてもSGDsの観点から株価は上がりがちと様々なメリット。人員配置や分離した内燃機関車事業の将来性の問題はあるものの、企業戦略としてはメリットが大きく検討する余地はあり

  アライアンスを組む日産/三菱に新会社への出資も依頼。プラットフォーム共用などEV開発を共同で行っているので、出資する可能性は大いにあり。ただ、日産は自社がEV事業を分離することは否定しました。  

FordもEV事業を分離したものの、あくまでも社内だけの話で分社化はなし。ただ、企業戦略としては重くのしかかる研究開発費確保のためにも分社化はあり得る選択。他社も続いていくかもしれません。

足りないのはワイヤーハーネスでした

 5月9日に生産を中断した。部品調達が困難になったためだという。ロイターが入手した社内メモには、「工場は(翌日の)5月10日に再開するが、同日の生産台数は200台を下回る」と記されていたという。
(中略)
 CNBCは今回の生産停止の要因について、米自動車部品大手アプティブ(旧デルファイ・オートモーティブ)の上海市嘉定区の工場で新型コロナの感染が確認されたためだと報じている。これにより市当局は施設を一時閉鎖した。アプティブはテスラの小型SUV(多目的スポーツ車)「モデルY」用ワイヤハーネスを製造しているという。

3月末からのロックダウンで生産が止まっていたテスラ、上海ギガファクトリー。今度は部品不足により稼働停止。足りないのはアプティブが生産するワイヤーハーネスとの報道。

ワイヤーハーネスは昨年、東南アジアのロックダウンで日本メーカーも足りなくなった部品の1つ。労働集約的で生産が人員要素が大きい部品。ロックダウンで出勤が出来ないと生産が止まる+人件費の安い国での生産となり、移管が容易でない=ボトルネックになりやすい。

これまで半導体供給問題の中でもフル生産を続けてきたテスラ、上海ギガファクトリー。高い稼働率は非常に好調な業績の要因の1つでしたが、ここに来てロックダウンと部品供給問題で大きな落ち込み。

ギガテキサス/ベルリン稼働により生産量は増えつつあるものの、22年4-6月期は生産量定価、固定費の増加もあり、22年1-3月期の営業利益率「19.2%」という圧倒的数字は出てこなさそう。

テスラの業績を予想する上で、上海ギガファクトリーの稼働状況、今後も注目のポイントです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、2149文字あります。
  • 第2のテスラはもう現れない?
  • 今週の生産調整情報
  • 【今週の一言】

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析

近日配信予定

  • 毎週月曜朝に「5分でわかるクルマニュース」
  • 各自動車メーカー10-12月決算分析
  • どこより詳しい自動車メーカー企業研究
【なぜトヨタは世界一になれたのか】①他を寄せ付けない2021年の圧倒的...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!7/4
誰でも
【池田直渡氏対談⑥】花開いたトヨタとマツダ/日産の軽EVが持つ可能性と...
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!6/27
誰でも
【池田直渡氏対談⑤】世界で進むEVシフトと日本メーカーの戦略
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!6/20
誰でも
【池田直渡氏対談④】充電インフラより重要?EV普及の問題は「1充電追加...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
誰でも