【MAX48.1%】欧米締め出しで行き場を失う中国BEVと欧米メーカーが抱える「苦悩」

グローバルで販売台数を伸ばす電気自動車。その原動力となっているのが中国メーカーが持つ高い価格競争力。自国だけでなく、海外進出を積極的に行い、成長を続けています。その躍進に危機感を覚えたアメリカ、欧州が関税を決定。具体的にどのような内容なのか、そして今度どのような展開を迎えることになるのか詳細に解説します。
カッパッパ 2024.06.16
サポートメンバー限定

中国メーカーの電気自動車での躍進が止まりません。BYDをはじめとする中国メーカーは次々と先進性にあふれた電気自動車の販売を開始。既存メーカーのみならず、シャオミやベンチャー企業の参入もあり、電気自動車市場は活性化。中国国内だけに留まらず、グローバル展開も積極的に推し進め、販売を伸ばしています。

その成長に危機感を覚えた欧州、アメリカが中国製電気自動車に追加関税を課すことを決定。欧州では最大48.1%の関税が課せられ、アメリカでは25%→100%にまで引き上げられ上げようとする声まで上がっています。

欧州、アメリカの追加関税の内容はどのようなものなのか、、そして今後どのような展開を迎えていくことになるのか詳細に解説します。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3958文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析

提携媒体・コラボ実績

サポートメンバー限定
【もはや『確トラ』?】4つの切り口で見えてくる大統領選がもたらすアメリ...
サポートメンバー限定
【これだけ読めば大丈夫!】トヨタ/日産/ホンダ BEV戦略 総まとめ
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!7/8
サポートメンバー限定
【テスラ/中国企業も熱視線】自動車メーカーでメキシコが今『熱い』4つの...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
サポートメンバー限定
【EV普及のカギ!】儲からない??充電事業、ビジネスとして成り立つのか...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!6/24
サポートメンバー限定
【運転が不要な時代に?】ロボタクシーがもつ多大なポテンシャルと抱える多...