5分でわかるクルマニュース_モビイマ!7/4

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。
カッパッパ 2022.07.04
誰でも

ご安全に!」

うだる暑さで夏バテ気味カッパッパです。

月曜の朝は「モビイマ!」の5分でわかるクルマニュースから。

先週のニュース/トピックスをカッパッパが厳選。コメント付きで解説。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。

生産が追いつきません

 トヨタ自動車は1日、昨年夏に発売した新型のスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー(300系)」の国内受注を停止したことを明らかにした。生産能力を大幅に超える注文が殺到している上、部品不足などで製造が滞り、納期が4年程度と異例の長さにまで延びていた。

トヨタ、納期4年とされていたランクル、ついに受注停止。ランクルだけでなく、他人気車種も受注を止めているという話も。生産が全く追いついておらず、納期は長期化する一方。半導体不足を主要因として工場は依然低稼働。解消の見込みもなかなか見えず、「意思のある踊り場」流石に長すぎるというか、これは踊り場ではなく、しばらく直線の停滞が続くのでは…完成車メーカーのみならず、部品メーカー含め、売り上げが伸びなかった4-6月期。決算はなかなか厳しそう。

一般消費者としても自動車がなかなか手に入らない状況はつらい。思い立ったが買い時!でほしかったらすぐに見に行くのが良いのかもしれません。

カイコ、カイコ

テスラはカリフォルニア州のサンマテオにあるオフィスを閉鎖し、ドライブアシスト機能などの専門であるオートパイロット部署の従業員200名を解雇したことが判明しました。

人員削減報道が出ていたテスラ、オートパイロット部門の200人を部署異動/解雇したことが明らかに。上海ロックダウンで生産が出来ず、業績が苦しい、リセッションの予感が高まる中で人員整理は経営として当然の策。アメリカ、割とカジュアルに人員調整をするイメージ(UAWが強い完成車メーカーは難しいのですが)

オートパイロットもデータが固まりつつあるための削減だとしたら、前向きな人員整理かも。ただ200人/300人という割合、ボリュームはインパクト大。

これらの人員整理含めテスラの4-6月決算がどうなるか、要チェックです(ニュースレターでも大予想します)

35年からはICEはダメ

 欧州連合(EU)加盟国は29日、環境相理事会で、域内で販売する新車の乗用車の二酸化炭素(CO2)排出量を2035年までに「ゼロ」とし、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を事実上禁じるEUの規制案を認めた。禁止の施行に向け大きく前進した。

欧州、内燃機関車を原則35年以降販売停止へ。イタリアやルーマニアなど内燃機関車を現在生産している国の反対があったものの、一部妥協案が示され、全体としては合意に向かう模様。ロシアウクライナ侵攻により電気の供給確保などで、EV難しいんじゃない?説が出ていたのですが、方針は変わらず、EVシフトを早期に達成させる計画

ポイントは充電インフラと雇用。欧州は移動距離が長いので、自宅以外での充電インフラ整備も重要。費用がかさむだけにどれだけ国が支援し、充実させていけるか/またサプライチェーンも大きく変化するので、EVシフトに伴った雇用をどれだけ生み出せる/移行できるか。

ただ各社のEV方針を見ると、どれも高級化前提となっていて、利益の出にくい大衆車がどこまでEV化できるのか。低価格帯での普及がどこまで進んでいくのかが20年代後半の課題。

価格上げます

SUBARU(スバル)は、今夏の一部改良を機に主力の多目的スポーツ車(SUV)「フォレスター」を約2%値上げする。新たに追加する最上級モデル以外の既存4モデルでは内外装やエンジンに大きな変更はなく、ほぼ純粋な形での値上げとなる。マツダや三菱自動車に続く大幅な改良を伴わない値上げの動きで、今後は日本でもこうした形の新車値上げが浸透する可能性がある。

マツダ、三菱に続き、スバルも日本国内値上げ。通常モデルチェンジの際に上がることはあっても、変更なしで価格UPは異例。昨今の原材料/物流費の高騰は完成車メーカーの原価低減ではもう許容できないレベルに。現在は供給がタイトで、価格を上げても需要は保ちやすいので、値上げに踏み切るのも戦略としては大いにあり。

だけど、買う側からすると数%の値上げでも数万円高くなってしまう…長納期と合わせ、本当にクルマ買うハードルが上がっている。

海外メーカーは円安の影響もあり、もっと値上げの幅は大きい。テスラもこの1年で20%近く値上がりしていて、ちょっとお買い得とはいいがたいお値段になりつつあり…

新車は今後、値段上がる要因しかないので、欲しいのなら早めの購入が良いのかもしれません(何回いうねん)

【今週の一言】

熱い!(以上です)

***

今回のニュースレター、感想をいただけると大変励みになります。もしよろしければTwitterで呟いていただけると大変うれしいです!今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

自動車業界トレンドをチェック

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!11/21
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 マツダ】ラージ戦略で見えてきたプレミア...
有料限定
【11/25 21:15〜】自動車業界で働くリアルを知る「モビキャリ!」
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 日産】電動化と為替パワーで上方修正!
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 ホンダ】上方修正!だけれども四輪事業の...
有料限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 スズキ】インド!アフリカ!伸びしろ無限...
読者限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 SUBARU】円安効果大で増収増益、「...
読者限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 三菱自】配当復活の予感! 絶好調決算の...
有料限定