【池田直渡氏対談②】テスラの強みが弱みに変わるとき

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。今回は1周年特別企画、自動車ジャーナリストの重鎮、池田直渡さんとの対談記事をお送りします。国内、海外含め多岐に及ぶ内容。第2回は「テスラの強みが弱みに変わるとき」です。
カッパッパ 2022.06.08
有料限定

ご安全に!

コンビニで買うアイスが美味しい季節になってうれしいカッパッパです。

今回は前回に引き続き、池田直渡氏(@naotoikeda)との対談をお送りします。

今回は皆さんが一番気になるであろうテスラが今後どうなるのか。絶好調テスラがやがて直面する困難、「強みが弱みに変わる」とはどういうことか。とても充実した、ここでしか読めない対談。それでは早速続きをどうぞ。

1.モビトーク

好調テスラのアキレス腱

カッパ:

池田さんの見解として現実的なライン、テスラの2025年、30年どれぐらいが妥当な台数だと思いますか?

池田:

例えば、企業成長の危険ラインの前例として見るのは、トヨタ。1999年から2008年までに、10%成長を8年ぐらい続けたじゃないすか。

カッパ:

2000年代前半ですね、わかります。

池田:

その成長でもリーマンショック時、トヨタは前年2兆円の黒字から4600億円の赤字に沈んだんですよ。だから、石橋をたたいて渡るトヨタですら、10%成長を10年続けるのは相当無理だったってことですよね。そのぐらいが限界じゃないですか、普通に考えて。 

カッパ:

ボリュームラインとしては、ギガベルリンとテキサスが立ち上がれば150万台は確実。上海が能増すれば多分200万台のレベルはいけるだろう。中国は多分これからまだ伸びるので工場を1個追加で作ったとして、200万台後半ぐらいまでは、2025年ぐらいまでとかでいけるのかなと。ただそこからは今のままだと、ちょっと難しいかなとは思ったりしますね。

池田:

そもそも今、テスラがなぜ快進撃をしてるかっていう理由を考えて見ましょう。まず一番でかいのは、常に需要が供給を上回ってるからですよ。つまり、販売店や宣伝がいらないとかも含め、販売に関して施策を打つ必要が一切なくて、作りさえすれば必ず売れてしまう。その形に持ってきた。それはスゴいことです。 

コマーシャルもやらなくても売れる。販売店がないから営業も要らない。お客さんが勝手にポチって買ってくれる。そういうやり方で、常に販売が生産キャパシティを上回ってる。工場は常に100%フル稼働、休日の稼働まで入れると100%オーバーです。製造業の方なら、この状態だったら利益率めちゃくちゃ上がるのはわかると思います。 

だから、20%の利益率。けど、それは逆に言うと要注意だよねってボクは見るわけですよ。 

カッパ:

20%の利益率があるというのは、裏返せば、罠にはまる原因になる?

池田:

テスラはまだ、自分たちの供給できる量が需要を上回るフェーズに入ったことがないんですよ。普通の自動車メーカーは、成り行きで売れる量以上に、どうやって売るかが日常的な経営課題。要するに自分たちのポテンシャル上限に達した後で、これ以上どうやって売っていくかっていうことが事業課題なんです。だからまだテスラは、現状で事業課題に当たってないんですよ。 

カッパ:

 なるほど、そうですね。

池田:

今は100を超える生産稼働率が例えば、90ぐらいになりました。90なったときに、利益率どうなるんだと。テスラの工場の設計がどうなってるか。非常に危険なのが、受注残を減らすための最速ラインを設計していた場合。生産量を減らしたらすごい利益率が落っこちるラインができてる可能性が高いんですよ。それが2000年代前半のトヨタが落ちた罠ですよ、まさに。

カッパ:

この前僕も記事書いたんすけどテスラが今儲かってるのって稼働率がすごい高いので、設備償却の固定費が分散されているから。それをわかる方って少ないですよね。

2009年のトヨタ、リーマンショックで赤字に転落。あのあとトヨタは全部工場新規立ち上げを止めたっていう失敗、すごい苦い経験がある。供給>需要になるのがいつなのか、その時にどうコントロールするのかながテスラの今後の課題ですよね。

池田:

トヨタは「意思のある踊り場」として工場の新規投資を一旦全部止めました。そして体質改善のために、旧来の工場のロットをすべて小さくしていく、ロット生産に対応できるように工場全部改良した。逆に言えば、失敗が今のTNGAを産んでる

今のテスラの一番のアキレス腱は、100パー以上でぶん回しているキャパです。しかもまだ足りないので工場をどんどん作ってる。当然、いつかは、需要を供給が上回ります。標準的な自動車工場のキャパは年間25万台。テスラはそれが大型で、50万台、100万台の工場をボンボン立てちゃってる。増産が追いつかないから大型工場が欲しいんですが、いつか供給が需要を上回る。その時、いきなり稼働率が落っこったら、そんなでかいキャパの工場ってどうなるのか25万台の工場よりリスクが大きい可能性が高い。なんか見ててすごく怖いんですよね、その辺りの経営が。 

この記事は有料読者限定です

続きは、3334文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析

近日配信予定

  • 毎週月曜朝に「5分でわかるクルマニュース」
  • 各自動車メーカー10-12月決算分析
  • どこより詳しい自動車メーカー企業研究
【なぜトヨタは世界一になれたのか】①他を寄せ付けない2021年の圧倒的...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!7/4
誰でも
【池田直渡氏対談⑥】花開いたトヨタとマツダ/日産の軽EVが持つ可能性と...
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!6/27
誰でも
【池田直渡氏対談⑤】世界で進むEVシフトと日本メーカーの戦略
有料限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!6/20
誰でも
【池田直渡氏対談④】充電インフラより重要?EV普及の問題は「1充電追加...
読者限定
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
誰でも