【アメリカで作るのが何よりお得!】自動車メーカーはIRA法にどのように対応するのか

今回は世界第2位の自動車市場、アメリカでの政策動向、IRA(インフレ抑制法)に対して自動車メーカーがどのような対応を進めているのかについて詳細に解説します。
カッパッパ 2023.05.01
サポートメンバー限定

ご安全に!

今回のGWは9連休。ただし天気がイマイチで子どもと外に遊びに行けないカッパッパです。気温も大きく変わって体調もくずしているので前半は家でまったりしようと思います。

前回では世界第2位の自動車市場、アメリカの政策「IRA法」を詳細に解説しました。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3593文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析
誰でも
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!
サポートメンバー限定
【60秒でわかる解説付】EV失速の今こそ!足場固めを進める24年日本自...
誰でも
【自動車業界、最大の危機?】トヨタですら手を染めた『型式認証不正』が明...
サポートメンバー限定
【60秒でわかる解説付】戦略が見事にはまった!あまりにも『できすぎ』な...
サポートメンバー限定
【ホンダ 23年度決算解説】初の20兆円超えで準備する電動化への原資
サポートメンバー限定
【スズキ 23年度度決算解説】『御三家』→『四天王』に?日本メーカーT...
サポートメンバー限定
【SUBARU23年度決算解説】トヨタ共に成長する100万台中堅メーカ...
サポートメンバー限定
【マツダ 23年度決算解説】過去最高を更新するために問われる「ラージ」...