2021年波乱万丈の自動車業界振り返り

今回の記事でカッパッパのMonoist連載「今さら聞けない自動車用語」の2021年振り返り記事を紹介します。波乱万丈の2021年、自動車業界では何が起きていたのか、現場では何がおこなれていたのか。
カッパッパ 2021.12.29
誰でも

ご安全に!

今年2021年お仕事お疲れ様でした。自動車業界のカレンダー、通称「トヨタカレンダー」では12/29~1/5まで8日間の休みとなっています。この期間に2022年向け英気を養うため、ゆっくりと心身共に休ませていきましょう。

2021年、自動車業界はまさに波乱万丈。コロナ禍の2020年以上に混乱した年になりました。そんな2021年の自動車業界を振り返る記事をMonoist連載にて発信しました。半導体、樹脂、物流、原材料費高騰…

自動車業界の方なら頷けること間違いなし。就活生の方や他業界の方も、自動車業界の内情を知っていただくのにピッタリの記事になっています。いや、自分で言うのもなんですが、良くまとまっててクオリティ高い。

ちなみに特におすすめポイントは「現場がどんな取り組みをして、危機を乗り切っていったのか」の部分です。滞る部品をいかにして手配したのか。その現場の努力、生々しさがすこしでも伝われば。

***

また、これから本格的に休暇に入られる前に、一度自動車業界のことをちょっと見返してみませんか?ということで、「中の人がガチでやる自動車業界研究2022年版」を作成しました。

こちら毎年250部以上購入いただいている非常に好評な記事。時間のない就活生/自動車業界で働く人のためにカッパッパががっつり業界研究やっておきました。これさえ読めば自動車業界の現状、そしてこれからがばっちりわかる内容になっています。年明けの仕事/就活で周囲と一歩差をつけたい方、こちら記事をぜひとも!

年内は期間限定値下げ中。〜12/31は580円、2022年1月~は680円で販売します!

無料部分だけでも大ボリュームなので、まずはこちらからぜひ一読を!

またニュースレターを有料購読(580円/月)いただくと、この有料noteが同額で読むことが出来ます。過去の有料記事(決算解説やテスラの強み/課題、自動運転の現状)も全部読めてこちら登録の方がお得!1ヵ月で辞めることもできますので、有料購読もぜひご検討ください。

有料記事、2022年1つ目は「ここに注目!2022年自動車業界」と題して、2022年の自動車業界を左右する重要ポイントを解説する予定です。こちらも乞うご期待!

***

本当に2021年、お疲れ様でした。あとはゆっくりとお年玉を準備して、紅白歌合戦を見る準備を…カッパッパは今日はこれから子どもたちとサンタさんが持ってきたレゴブロックを作る予定です。レゴ、作るのは無我の境地に入る感があり、最近はまっています。置く場所がなくて大変なんですけど。最近はiPadで説明書も3Dで見れて、作るのに困らない。はまり始めるとかなりの沼なので、買いすぎないように注意しなければ!

***

「モビイマ!」も初めて約半年、発行は50回を重ね、1500人を超える方に購読登録いただき本当にうれしいばかりです。2022年も「モビイマ!」をよろしくお願いいたします。2022年最初の記事は1/4発行予定です。

それではみなさん、良いお年を!

自動車業界トレンドをチェック

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!11/21
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 マツダ】ラージ戦略で見えてきたプレミア...
有料限定
【11/25 21:15〜】自動車業界で働くリアルを知る「モビキャリ!」
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 日産】電動化と為替パワーで上方修正!
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 ホンダ】上方修正!だけれども四輪事業の...
有料限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 スズキ】インド!アフリカ!伸びしろ無限...
読者限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 SUBARU】円安効果大で増収増益、「...
読者限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 三菱自】配当復活の予感! 絶好調決算の...
有料限定