5分でわかるクルマニュース_モビイマ!5/30

自動車業界の最新ニュース解説を発信するニュースレター、モビイマ!。先週のニュースをダイジェストで紹介。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。
カッパッパ 2022.05.30
誰でも

ご安全に!

子どもに怒った内容を「自分もできているか」と考えると、さっぱりできていない。考えるほどブーメラン、カッパッパです。

***

ニュースレター「モビイマ!」は5/31で1周年を迎えます。1年で購読者数は2100人。非常に多くの方に有料購読もしていただき、感謝の念しかありません。ここまで続けてこれたのも読んでくださる皆さんのおかげでです。本当にありがとうございます

1周年を記念した特別企画を多数展開予定。

第1弾は、有料購読お試しキャンペーン

有料購読登録の際にクーポン「MOB50」を入力いただくと初月580円⇒290円に!この290円で過去記事も読み放題自動車業界/完成車メーカーや決算解説記事がこの価格で読めます(noteだと3000円超えるので本当にお得)。そしてこれから公開される超大物との対談記事も…

本当にお得なキャンペーンは6/12まで。気になっていた方、ぜひこの機会にご登録を!

***

さて、月曜の朝は「モビイマ!」の5分でわかるクルマニュースから。

先週のニュース/トピックスをカッパッパが厳選。コメント付きで解説。この記事だけ読めば、最新の自動車ニュースを抑えられる。1週間の始まりにぜひ一読を。

6月も減ります!

 トヨタ自動車は24日、世界的な半導体不足や、中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)により部品供給が滞っていることから、6月の世界生産台数が年初の計画から約10万台少ない約85万台になると発表した。6月上旬に国内の一部工場の稼働を停止する。

まだまだ続くよ減産調整!今回は上海ロックダウンの影響もあり、トヨタが減産。意思のある踊り場として意図的に生産は下げていたものの、それでも部品供給が追い付かず、追加の減産に。上海ロックダウンも解消しつつありますが、まだまだ本調子ではありません。中国の他の地域含めこれ以上コロナが流行らないと良いのですが。

なお他社ではダイハツも減産。一方でホンダは6月前半は通常稼働とのこと。

6月は月中の生産調整がないことを祈っています。

〈追記)実はここまで書き終えたのは5/27朝だったのですが、27日PMになってトヨタ追加減産の続報が。上海ロックダウンの影響による部品供給滞りが下人。5/24⇒27に再変更と非常に短期間での生産変動。状況が短い期間で変化しているであろうことが想定されます。まだまだ6月の操業も油断が出来なさそうです(他社含め)

これからは農業だ!

デンソーは23日、定款に記載する事業目的に農業を追加すると発表した。農業の関連設備や農産物の生産・販売を手掛けるとする。デンソーは2020年から自社のロボットを活用したトマトの自動収穫の実証を進めている。自動車部品に加え、自動化技術を生かした農業の効率化を新規事業として強化する。

自動車部品メーカー、国内最大手のデンソーが定款に「農業」を追加。すでに農業参入は伝えられていましたが、本格的に事業として取り組む方針が明らかに。自動車業界の変革が進む中で、部品メーカーは他業界への事業多角化が進んでおり、このニュースはその代表する形。

素人目線ですがデンソーのロボット技術とTPS(トヨタ生産方式)は農業と相性が良い気がします。自動車部品を担当すると思って入社したら、トマトの育成を見ることになんてこともあるかもしれません。新しい収益の柱になったら面白いですね。

再建の始まり

経営難に陥った自動車部品大手マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ、さいたま市)が、現在の親会社である米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)主導の再建案をまとめたことが26日分かった。金融機関に対し債権放棄を中心に総額で約4500億円の金融支援を要請し、KKRが約830億円の第三者割当増資を引き受けるのが柱だ。海外工場の統廃合など大規模なリストラにも踏み切る。

私的整理「事業再生ADR」を進めていたマレリ、KKR主導での再建へ。インドメーカーがスポンサーになるかもといった報道があったのですが、現在の親会社KKRを軸とした再編になりそうです。自動車部品メーカー潰れると完成車メーカーへの影響が大きい、ましてやマレリほどの規模となると…約4500億円の債権放棄と金融機関には厳しい内容。そして社内でも大規模なリストラ、人員削減はグローバルで3000人、国内で680人と予定。

まだまだ再建の最初の第一歩でこれからがまた大変なのですが、まず踏み出したことが重要。主要取引企業の日産に在庫の買取などの要請をしていた件が具体的にどのような処理に至ったのかが個人的には気になるなぁ。

藤原大明神、引退

マツダの藤原清志副社長が6月24日の株主総会をもって退任する。「一身上の都合」との理由で自ら退任を申し出たという。藤原氏は長く商品開発に携わっており、年内に第1弾が発売となる中大型の上級SUV(多目的スポーツ車)「ラージ商品群」の開発も主導してきた。後任の副社長は置かず、同格の取締役専務執行役員を増やして経営判断のスピードを高める。

マツダの名物副社長、藤原氏がわずか1年の期間で退任。藤原氏がどんな方なのかはこちらのインタビューを。

苦境を乗り越え、スカイアクティブなど、今のマツダの礎を作るのに尽力された藤原大明神の引退。ラージ商品群が発表と1段落したところなのですが、実際の販売はこれからなのでいささか早すぎる引退に業界関係者はびっくり。

「自ら退任を申し出た」とのことなので、今後どこかの会社に勤められたり、何らかの活動をされたりするのでしょうか。なんにせよ、本当にお疲れ様です。次のご活躍をお祈り申し上げます。

【今週の一言】

直接、自動車業界ではないのですが三菱電機、品質不具合にて第3報が出ています。今回の発表でも不正が新たに発覚。何をどう見ても社内風土に問題があるだろうという内容。

おお、わかる…わかるぞ、その要因。⑦「経営陣の本気度」と書かれてしまうあたり、本当に上位層の問題。

調査報告書には具体的にどのような不正がどう行われていたか書かれていて非常に面白い。工場の現場あるあるで、自分も決して関係ないわけではないと身が引き締まる思い。

3回目 24ページ
3回目 24ページ

エクセルの自動計算で模擬データ偽装したらダメだよね。。。

***

今回のニュースレター、感想をいただけると大変励みになります。もしよろしければTwitterで呟いていただけると大変うれしいです!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

自動車業界トレンドをチェック

・トヨタやテスラなど自動車メーカー最新情報
・CASEなどの業界トレンドを詳細に解説
・各自動車メーカーの戦略や決算分析
5分でわかるクルマニュース_モビイマ!11/21
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 マツダ】ラージ戦略で見えてきたプレミア...
有料限定
【11/25 21:15〜】自動車業界で働くリアルを知る「モビキャリ!」
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 日産】電動化と為替パワーで上方修正!
誰でも
【徹底解説:自動車メーカー決算 ホンダ】上方修正!だけれども四輪事業の...
有料限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 スズキ】インド!アフリカ!伸びしろ無限...
読者限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 SUBARU】円安効果大で増収増益、「...
読者限定
【徹底解説:自動車メーカー決算 三菱自】配当復活の予感! 絶好調決算の...
有料限定